スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読みたいブログと思われせる仕組みの作り方
読みたいブログと思われせる仕組みの作り方


ブログにアクセスされた時に『読みたい』もしくは『知りたい』と思ってもらうためにはどうしたらよいのでしょうか?

そのプログが読んでもらえる、そのまま閉じられるかは、プログの仕組みにかかわっています。



「読みたい」「知りたい」と思ってもらう最も大事なことは、アクセス前とアクセス後のギャップを作らないことです。

まず、ブログにアクセスされる前の状態を想像して下さい。

訪れた人がブログにアクセスする時は『ブログタイトル』を参考にしています。

ブログタイトルを見て『何か』を感じブログにアクセスするという流れです。

この時に訪れた人が感じる『何か』を知り把握することが必要です。




次にブログにアクセスされた瞬間を想像して下さい。


アクセスする前に感じた『何か』を『解決できる』『知れる』と感じられるページでなければなりません。

それは、言葉でも写真でもイラストでも何でも良いのです。

パッとブログを見た瞬間に判断できれば良いです。


①訪れた人がブログタイトルを見て

②何かが気になり

③アクセスして

④パッと見た瞬間に、解決できると判る、知れると判断できる



そんなブログにしておく事が最も重要です。

この②と④のギャップが小さければ小さいほど記事を読んで頂ける可能性が増えるわけです。

アクセス前とアクセス後のギャップを作らないとはそういうことです。



そして、ブログタイトルが重要と言うのは②で感じる感情を操作するためなんです。

『こういうタイトルならこう感じるだろう。』

タイトルを意識する事で、そんなコントロールが可能になるわけです。





集客出来るブログの共通点を見つける





コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/07(Sat) 08:51 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。